Taru's Bar Blog

tarusbar.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 53 )


2017年 05月 02日

二度目の海外赴任が決まりました

Gです。5年ほど使っていなかったブログ復活。
なぜなら、二度目の海外赴任が決定したからです。
時期は今から約2ヶ月後の7月半ば。
場所は自分たちも驚きのアメリカ、サンフランシスコです。
横浜に戻ってきてから7年、Tomkはいま、小学5年生。
さてさて、これまたどうなることやら。

さて簡単におさらい、トロント滞在が2006年から2011年でした。
Tomk誕生が2007年。トロントについてはここのブログ過去がよいですね。
帰国した2011年からは幼稚園年少に入って、地元の公立小学校に入り、今です。
パパは東京で大きなうねりを含みながら働き、
かあさんは、数個の美術館でバイトや委託、一つの美術館で契約の学芸員、
その後は業務委託、いわゆるフリーランス的に
お仕事をしていたというところでした。それも6月末で終了とさせてもらいました。

我が家、数年ほどまえから、そろそろ赴任という話しはしてはいました。
時期が子供が中一ぐらい、場所はまったく想像しておらず、
パパはアジアや中近東までも視野に入れていてまったくの謎でした。
娘には、おかあさんがみんなにもうすぐ海外に行くっていう話題をするのが
恥ずかしいからやめて、と言われていたところ。
娘は関東特有のお受験まっただ中の学年期、我が家は赴任を念頭に塾にいれず、
日々を楽しむ方向でした。

2017年4月
父さんが真夜中、英語で「Breaking News!」
と我々を叩き起こし、赴任を告げる。
娘と私はうっそーと飛び起き、さっそく検索検索、
幸運にも赴任地近くに住む知人家族にネット電話。
翌朝まで大人は不眠。
その後手続きの予測、情報収集、
作業の多さにかあさん寝不足と口内炎です。

とはいえ基本的にはとてもとても楽しみです。
なにせサンフランシスコ赴任は叶わないだろう、と思っていた赴任地のなかでも
かなり良い場所。海も近いし日本食もある、自転車やスケボーで子供たちが
楽に移動し、都心部は文化レベルも高い。なによりも流れている空気がゆるい
と想像します。

ただ引っ越し作業は我が家史上最困難かと。
現地校に入るための学校、学区および住居探し。
世界一といわれる住居高騰地区です。
そしてアメリカ駐在のための諸手続き。
母、生活のためにアメリカで運転する、ということに。

そんなこんなで手続きできるところは早めに、と
新聞や宅配、電気などは解約手続き予約しました。
小さい事もどんどん終わらせて行けば余裕がでるかな、と
期待し、しばし作業です。

written by G

[PR]

by tarusbar | 2017-05-02 15:44 | Comments(0)
2012年 06月 19日

5歳のTmk。最近のこと。

庭の純白だったあじさいが、水色になってきました。
梅の実はそろそろ摘まないとと思いつつ、後回し。

このあいだの日曜、娘のピアノ発表会でした。習い始めて一年、まだまだではありますが、お友達との連弾もあり、弾けるようになったものだなぁと思う。のんびりでも、続けてくれたらいいなぁと思います。

この5月から彼女はどうしてもやりたがっていたバレエも始めました。結局習い事二本。とはいえ鉄棒、棒登り、自転車を愛するおさるちゃん。お肌はこんがり。

それなのに昨日、「日焼けしちゃうー」と言っていました。横で噴き出す私。私の口癖なのか、ガールズトークで流行っているのか。。。

7月は幼稚園で3泊4日!のサマーキャンプが群馬であります。楽しみにしている様子。成長した姿が楽しみです。

そしてこの夏は懐かしのトロントを再訪する予定。もう3年ぶり。当の友佳はもうカナダのことをあまり覚えていないようなので、初づくしになるでしょう。なにか思い出したりするのかな。とりあえず良い印象でいてくれるといいな。
特に私が楽しみです。
[PR]

by tarusbar | 2012-06-19 11:12 | Comments(0)
2011年 05月 11日

5月にもなり。

こんにちは。
大阪行きのブログからもう2ヶ月近くたってしまいましたね。
結局私たちはあの後2週間ほど大阪にいて、戻りました。随分落ち着きました。

帰ってきて、ともかさんの幼稚園も始まりました。年中です。
そして私は前年度から引き続きとある美術館でのアルバイトととある美術館でのボランティアをし、
子連れでも行けるヨガなどもいき、すっかり戻っております。
そしてGW中はごほうびで家族でシンガポールまで行かせてもらいました。
クリケットのお仲間Hちゃんご一家とも合流し、駐在のB家にすっかりお世話になり、ビンタン島のすばらしいリゾートで極上休暇を数日いただきました。
ありがたいです。

4歳と3ヶ月のともさんの関心事
1、NHK教育「みいつけた」を愛しています。
2、歌。「朧月夜」、「こいのぼり」、幼稚園で習ってくる歌など昨年から引き続きお好きです。「トイレの神様」「北国の春」なども。最近は替え歌にしたり、歌声に話し言葉を乗せるので、がんばって私も歌で返します。お誕生日に入った電子ピアノも両手でドレミファソラシドーってひくときがあって、ほおと感心するときがあります。でも気まぐれさん。
3、お教室ものはゼロです。ママの子連れヨガに付き合う程度。いくつもやる?とか見に行く?と聞いていますが、必ず首を横に振ります。ママと一緒がいい、のだそう。あきらめて説得をやめる私。いつか自分でしたいことをやりたい、と熱望するまで待つことにしようか、説得して入れてしまおうか悩み中。周囲はもちろんみなさん色々通っていらっしゃいます。
4、お絵かき、工作系大好きです。気がつくとなにか描いたり作ろうとしているので、居間の和机はいつも片付かない製作中のもので汚れています。
最近は「いいこと思いついたんだけど、」といって作る前に構想を初めに私に説明してくれます。結果はどうあれ、大人になったなぁ、と思います。アンパンマンやキティー、ミニーマウスの絵をみながら自分でアレンジして描いてくれます。
100円で作り放題の横浜美術館の親子のアトリエはかなりのヘビーユーザーです。
でもやっぱりトロントのヒューロンで毎回やってくれていた学校での工作が一番好きだなー、私は。

5、本はいまさらですが『ノンタンシリーズ』にはまっています。ノンタンってよくできているのにいまさら気がつきました。すべての言葉にとてもリズムがある。名作、すばらしいです。
『ピーターパン』が、いつまでも大人にならずに子供のまま、というところに食いつきます。「なんで?なんで?私も子供のままがいい」だそう。。。大人がどういうものか、もうわかってしまったのね。
あとは「こぐまちゃんとどうぶつえん」はかわらず好きです。どうやら動物の中では象がお気に入りのよう。
それから映画の「魔女の宅急便」を見て以来、ほうきを見つけては、またいで飛んでみます。
  「練習、練習」。
かなりかわいいです。
6、棒のぼり。日本に帰ってきてから、はまっています。カナダにはない遊具ですね。まだ単独ではいけませんが、大人が足の下に手をかけてあげるとぐわーっと上まで行きます。裸足でやる運動なので、気持ちよさそう。裸足は暗黙で禁止されている日本の公園で私は確認してから許可します。怪我をしたら自己責任だからね。鉄棒も大すきです。自転車は補助輪つきっぱなしで乗っています。
7、テーマカラーは変わりません。ピンクです。これは本当に染み込んでいます。最近は全身強烈ピンクのコーディネートは控えめになり、色々なピンクにどんな色があうのか、ということにも関心を持つようになりました。そしてコーディネートのテーマが男の子の日と女の子の日が交互にきます。男の子スタイルの定番は赤い無地のシャツにジーパンだそうです。でも憧れのお部屋のテーマはバービーちゃん風の総ピンク。私と同居している限りは無理じゃないかなぁ。。。

不動のナンバーワンは、おさるのジョージです。もう2年以上使ってるよね。顔の鼻の辺りが一度破れたので私が手術しましたが、最近また破れています。
くろっぽいお顔の汚れ、なかなかとれなくなってきました。茶色のお肌のところもずいぶん荒めになっています。

いかがでしょ。
[PR]

by tarusbar | 2011-05-11 00:33 | Comments(2)
2011年 01月 21日

北米の自然派石鹸

日本も寒くなってきてカナダ時代を思い出すのか、
最近、カナダ北米もので恋しくなってきたアイテムがあります。

それは自然派石鹸。私が住んでいたエリアではオーガニックのお店が
ころころとあったので、そういう石鹸の存在が珍しくありませんでしたが、
日本に戻ったら、なかなか探すのが大変。
素材、環境、なにより自然な香りと使い心地などでどうしても、もう化学物質たっぷりの
日本系石鹸に戻りたくない、と体が言います。
日本もののオーガニックって無香料で、つかったらきゅるきゅる音が出そうになるし。

私のすっぴん生活はやうん年は有名なお話ですが、だからこそ、石鹸などじかものはいいのがほしいのです。
最近すこし、無印にあるんですけどね。
アメリカものに押され、ほとんど日本で知られていないカナダの2会社、
ひとつはRocky Mountain Soap Company,
もひとつはオンタリオとケベック限定の Druide。おすすめです。
ほかにもいろいろあったのですが、トロント時代は暇があればお店の石鹸シャンプーコーナーでかぎかぎ、つけつけしていたのが恋しいです。

こちらにくるときにまとめ買いはしといたんだけど、さすがにもうね。
ないものねだりはいけませんが。
こんど何年ぶりかにソニプラいってみようかなぁ。
つくってしまうか?いやあ不器用だしなあ。でも手元に欲しいしなぁ。

G
[PR]

by tarusbar | 2011-01-21 12:22 | Comments(0)
2010年 12月 10日

2010年も残りわずか。

おひさしぶりです。こんにちは。みなさまお元気ですか?
そろそろ一年をふりかえる季節になりますね。
ここに足を運んでくださる方にはいつもいつも更新がとまっていて
申し訳ないなと思っております。
でもコメントに、みなさんの近況を一言でも乗せていただけるとうれしいです。

こちらは横浜で楽しく三人で暮らしております。
パパTは日々の忙しさでくたーふらーとしつつも、2月末の東京マラソンに当たったので練習をする日々。
体重が少しづつ減っているのがうれしいです。
TMKは幼稚園が大好きになり、めまぐるしく開催される行事を楽しんでいます。
わたしは公共施設でボランティアとバイトを各週1ほどし、それだけでおたおたしておりますが、幼稚園ママっぽいこともけっこう実行していると思います。周囲の皆様に感謝です。

TMKさんの通う幼稚園は夏には地蔵盆夏祭り、秋にはハロウィン、いまはもちつきとクリスマス会、と普通の行事にくわえて大小さまざまなイベントが行われている、行事・体験重視型といえそうです。
驚いたのは秋に全園児を電車に乗せ、横浜美術館で大人気のドガ展遠足があったこと。なかなか高度なチャレンジをなさいます。
園に入ったことで、一人でできなかったことがどんどんできるようになり、すごいなと思います。着替え、服たたみ、ぞうきんがけなどなど。最近彼女は家でおちば掃きと食器の洗い物が大好きです。片付けはまだ難しいのですが、家事は全般的に好きな様子。頼もしい家事戦力、無事そのまま続いてくれたらうれしいんですが。
そんなTMKのお気に入りは幼稚園で習った「ぬいさし」。すこし固めの紙に形が描いてあるところに、ふつうの刺繍針と糸でちくちくぬうものです。最初はとがった針を持たせることに抵抗がありましたが、横に座っていると非常に器用に、自分を指すことはせず縫い進めるので、いまは一人で作業しています。そしてそういえば一年前、トロントの画材屋ミドコで子供用の刺繍セットを購入し、挑戦、完成していたのを思い出しました。いやあ、これは両親にはない血。器用さん、よろしくおねがいします。

次はチョウチョ結びに挑戦。ひらがなもがんばっています。
ABCはほとんど出てこなくなってきたかなぁ。

G
[PR]

by tarusbar | 2010-12-10 14:14 | Comments(1)
2010年 06月 03日

帰国してひと月たちました

5月はみなさん、いかがお過ごしでしたか。日本はなんだか梅雨のように雨の多い日々でした。
新しく入った家は、古い家の1階なので、カビが心配。
毎日、トロントではしなかったお洗濯干しをしています。乾燥機にどかっといれるのよりは
時間がずいぶんかかるけど、いっぽうで頻繁にお布団を天日に干すのはベッドよりも
ずいぶん清潔でいいなともおもったり。

TMKも新しい幼稚園が決まり、通園しはじめました。
はいったのは住まいから5分で歩いていけるところ。モンテッソーリという教育方法に重きを置いているところです。ひとクラス35人、年長も年中もいる縦割りの構成で担任の先生は2人。
クラスは5つあります。
トロントのときとは規模が大きくなり(もっと大きいところもあるんですよね)、ちょっと心配しましたが、登園初日、本人はけろっとかあちゃんのことも忘れ、笑顔でお迎えまですごしていました。
これには周囲がびっくり。今までふたつの学校に行ってどれもひとつき近く泣いていたので、こういうのも好きになってきたんだなぁ、と知りました。友人や先生、学校というものが好きなようです。

週末は三人でいろいろと遊んでいます。人に会っています。潮干狩り、美術館の子供イベント、おうち会、六本木で無料青空ヨガ(次号のヨガジャーナルに載るかも??)、新宿御苑家族会、結婚式。まだのかた、ぜひ連絡ください。土日はいろいろな場所で、人と会い、遊びたいです!海の近くで海鮮づくし、山登り、乳搾り(TMKが牛乳がどうやってできるのかしりたいんだそう)、桃狩り、キャンプにいきたいです。

トロントはいかがですか。緑のいい季節で。こちらはすっかり英語は順調に抜けています。

わたしはそろそろ、もとのフィールドでアルバイトっぽいことからでもやりたいとおもっています。
お仕事、こーい。時間短いですけど。家でできるものもないですかねぇ。

私はとうとうミシン買いました!日本の幼稚園はおかあちゃんのお手製小物が強制されるんですよねぇ、でもこれを機に手に技取得。これからいろいろやってみたいです。アドバイス求む。

家に庭がついています。日本庭園風。鳥、虫とは共同生活、井戸水で暮らしています。部屋も和室が二つ。トロントとはこれまたがらっとちがって、いいですよ。今は梅の実がたわわに。よかったらお泊りに!!
右上の写真変えないとねえ。

Ga
[PR]

by tarusbar | 2010-06-03 23:06 | Comments(3)
2010年 04月 29日

日本、戻りました

先週、日本に戻りました。
私の横浜の実家のすぐ近くに住みます。
すぐ裏の山は八重桜が満開。いやされます。
実家にいると、かけつけてくれた姉夫妻と姪っ子二人がいて、
大きな大人もTMKを囲んでくれるので、彼女は常にご機嫌です。
子供同士は大きくなると遊び方もどんどんおもしろくなってきているので
ほんとにたのしそう。

パパのほうは、さっそく東京ビジネスライフの荒波に
飲み込まれていますねぇ。ふう~

母と子は変な時間に寝起きしながら、のんびり時差ぼけを直します。対照的。

たるとわたしは高かったけど念願のiPhoneをかいました。

G
[PR]

by tarusbar | 2010-04-29 15:42 | Comments(4)
2010年 02月 08日

日本に

帰ることになりました。トロント、ひきあげます。
4月末ごろ。
さみしい+うれしい、どちらもです。
どうぞよろしく。
[PR]

by tarusbar | 2010-02-08 16:54 | Comments(1)
2010年 01月 23日

いかすみパスタで大笑い

こんにちは
(今回からミクシィの日記にも連結しました、どうぞよろしく)
フェイスブックとも重複しますが愉快な写真なのでここにも。しばしご堪能あれ。
f0027791_12462116.jpg
f0027791_12464342.jpg
f0027791_1247365.jpg

このパスタのときは、鏡をぜひお忘れなく。
お味は自家製トマトソースに足してますので、さらにマイルドさも加わり、おいしかったです。
パパの口には入らず、ごめんね。
リクエスト、お答えしますよ~。

[PR]

by tarusbar | 2010-01-23 12:49 | Comments(2)
2010年 01月 09日

Happy New Year!

みなさま
あけまして おめでとうございます

今年はクリスマスカード、年賀状らしきものを作っていません。
待っていて下さる方、ごめんなさい。
せっかく娘っこが郵便というシステムに興味を持ってきたというのに、
いけませんね。来年こそは。

新しい命が生まれたり、成長していたり、場所が移動していたり、
激動な方も、静かだった一年の方も、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

わたしたちはこの年末年始はどこにもいかず、トロントにいました。
一時帰国も海外出国も結局ビザの関係でできず、国内で
今したいこと、ということでクリスマス直後はモントレンブランまで
車で大移動(片道7時間)をしスキー、その疲れを残したままのんびりすごしました。
スキーの達人友人のM夫妻と合同ツアーでした(板やら小物やら子守やら大変お世話になりました、ブログ南船北馬まで。)が、モントレンブランはすばらしいスキーリゾート。
ゴンドラを降りてから、コースが多すぎて迷うという贅沢はなかなか体験できませんよね。
でも帰り道の高速で、路面凍結のせいでスノータイヤを履いているうちの車が
くるくるした経験はちょっとトラウマになりそうです。

年越しは自宅でおごそかにそばをすすり、
1月2日に親子三人でバレエ「くるみ割り人形」を鑑賞。
3歳目前のともかさんは、二幕中一幕目の3分の2ぐらいまで、
興味津々に1人で座りながら見ていました。少し前からバレエに興味を持っていたので
まだ早いかなと思っていましたが、大丈夫でした。
その後は父母の膝でばっちりお昼寝でしたが。

パパも仕事行かなくちゃーといいながら、私の買出しにお付き合いいただいたり、
一緒に遊んだり、ぐうたらしたりと、なまけものモードな年末年始となりました。

そして早々の1月4日から仕事始め、娘っこも二つの学校に戻っていきました。

ともかの午後の学校は、週3日、一回2時間半。同級生は現在8人おります。
子供達を母国語で分けると、英語が3人、ヒンズー1人、日本語2人、
オーストリア2人です。国籍だけではわけられない家族構成。
(ともかもカナダ人だし。)
毎日ある午前のクラスに比べると人数が少なく、でも国際色豊かです。
1人しかいない常駐の先生はカナディアンで、実習生2名が2か月おきぐらいでかわります。
ここの学校の体制は、日本ではおそらくないのではないでしょうか、Co-opといって
両親参加型の学校で、先生が1人しかいないのでそれを両親が助けます。
親の役割は週ごとのおやつの当番、月2回のコープ当番(掃除、食器片付け、おやつだしなど)、月1のお掃除(2時間)、ミーティング参加などです。
他にも会計などもふくめ細かく仕事が親達に分けられています。
この設定のおかげで学校の授業料は他に比べて安くなっているのですが、
なにより親達が積極的に学校を運営しているというシステムがおもしろいとおもいます。
ヨガの先生がいるので子供にヨガを教えたり、
2月には、私が提案したみんなで美術館無料の日に行こう、というのも実現しそうです。

学校で、いつも違うクラフトをしておみやげをいっぱい持って帰ってきてくれるのが
私の今の一番の楽しみ、友達の名前を家の中でいつまでも
呼んでいるともかをみていると、楽しんでいるのがよく分かります。
英語を自分から使う力はまだ強いとはいえませんが、知らない間に理解力を伸ばしています。
ともかはEという男の子に気に入られていて、会うと彼は毎回ぴょんぴょん踊るし、
ときにはちょっと彼より小さいのでだっこされてしまうらしいのですが、
本人はちょっとだけいやそう、自分で何でもやりたいお年頃です。
そんなやりとりもとてもほほえましく思います。

日本にいたら、次の4月はもう幼稚園なんですよね。
はやいなぁ。

G
[PR]

by tarusbar | 2010-01-09 10:09 | Comments(0)