<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 26日

アンディ・ウォーホール展@AGO

秋なので、アート情報。
Art Gallery of Ontarioで終了間際のアンディー・ウォーホール展を見に行きました。混んでました。
現在AGO(こちらのみなさんはアゴと呼ぶ)は2008年にフランク・ゲーリー(ど派手な建築で知られます、スペイン、ビルバオのグッゲンハイム美術館とかね)が設計してリニューアルするので、改修中なんですが、こちらの美術館のえらいところというか、
ちゃっかりしてるところは、改修中も展覧会を開き、お金も取るところです。
確かに狭さや改修中の壁とかは気になりますが、それをうわまわるバラエティ。
中では特別展、収蔵品の企画展、常設のヘンリー・ムーア展、教育メインの展示、プリント&ドローイング、ミニ企画展何個かをやっています。

でこのウォーホール展は、『ザ・フライ』などの映画監督として知られるクローネンバーグ監督が企画の軸を決めた、けっこうおもしろいやりかたのものでした。
ウォーホールの作品を1962年から64年に絞り、社会情勢とか映像との関係に焦点をあてながら出してました。これほどのおおものだと日本では回顧展になって、テーマを限定することってしにくいとおもうので、作品数は少ないけど贅沢だなと。見に来てる人も回顧展では満足できないレベルになってるのかも。

でいちばんかわってるなーとおもったのは、ふつう作品の横にある作品の名前とかが書かれたキャプションがまったくなく、番号がついているだけ。で、入り口で全員イヤホンガイドを渡され、解説はすべて監督かAGOの学芸員が吹き込んだ音声のみ。
文字ではなく声で説明されるとさすがに説得力があるというか、レクチャーを聴いているようで新鮮でした。ま、有名人の声なのでできたというのもあるでしょうが。

ただ作品とじっくり向き合うのにやや妨害されたような気もあり、私は途中から解釈はいいやーと音声を切ったりしたので、微妙です。見るテンポの強制がやになってしまったり。

AGO、11月からは写真家のアンセル・アダムス展が始まるのでそれも楽しみにしています。


[PR]

by tarusbar | 2006-10-26 06:05 | Comments(0)
2006年 10月 16日

「若さを取り戻してかっこいいお父さんになろう」計画

不肖、夫からの報告です。aさんに引き続き夫もがんばってスポーツに励むことにしました。
名づけて「若さを取り戻してかっこいいお父さんになろう」計画。
f0027791_11262743.jpg


本日はトロントマラソンに参加。
ここまでの道のりは次のとおり。

(4月~8月)
マラソンに挑戦しようと思って決意するもトロントにきて色々楽しいことがあるので
トレーニング時間が充分にとれず、ハーフに切り替える。

(8月~9月)
仕事が忙しくなってトレーニングの時間がなくなる。
友達がきたり楽しいことも多くまったく走る気がしない。でも少しだけ走り始める。
9月上旬、トロントマラソンで死者が出たことを知る。
そして9月下旬スコシアバンクマラソンでも死者が。。。。。「かっこいいお父さん」どころではないので、5kmに切り替える。

(10月15日)
10月1日になってからかなり本気で練習。公園を走り始める。

こんな具合で紆余曲折で5kmにしてみました。が、これがナカナカ楽しい。
終わったあと、無料で提供されるコーヒーやホットケーキなど特典がいっぱい。市民参加型のマラソンなので歩いてもOK。皆やさしく応援してくれる。

ということで、本格的にマラソン完走を決意。ホームページで決意を表明。
MIXIにしようと思ったが、誰も見ていないこのページでこっそり表明。
これを思うとイチローとか中田英寿とかホームページで目標を宣言していて「すごいなあ」
と思う。
1ヶ月トレーニングしてみて、マラソン完走は無理そうだったら投稿削除しよっと。

f0027791_1132644.jpg

[PR]

by tarusbar | 2006-10-16 11:32 | マラソン | Comments(10)
2006年 10月 02日

バンフでの夏(秋)休み

9月最終週、かけこみで夏休みをとりました。

場所はロッキー山脈のなかにあるバンフ。
飛行機で4時間でカルガリーまで飛び、車で一時間でカナディアンロッキーへ。
周囲はすっかり黄金色の紅葉真っ只中でした。

ともかくきれいです。空気も風景も。癒されます。

一日ツアーでドライブしながらすべてが絶景の湖、山、氷河(↓!!)めぐりをしたり、
f0027791_22503623.jpg


f0027791_22484213.jpg



近くの山や川沿いをハイキング、
夜のツアーに参加して、通りがかりの鹿やエルクの群れに偶然遭遇
f0027791_22493833.jpg


水着を着ての温泉プール、
ホテルでのホット・プールなどで楽しみました。
一日車を借りてカルガリー観光も。

その他、バンフでよかったのは
かなりレベルの高い日本食が多かったこと。
あとお肉。アルバータ牛を食べました。

そしてロッキーマウンテンソープカンパニーというお店。すべてナチュラルでいろいろな
ニーズに合わせた石鹸類がたくさんおいてありました。
こちらにきて手のカサカサが気になっていたので
ハンディーなハンドバターとリップクリームを購入。
自然の香りでとてもよいです。
この冬、大活躍の見込み。トロントにも出店してくれないかなぁ。

酸素いっぱいいただきました。


[PR]

by tarusbar | 2006-10-02 22:34 | Comments(0)